i-mobile
月面の半身浴ゆうちゃんの直撃雑記帖

[新着人気サイト]
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.太田光
2.中内正
3.トム・ロビンソン
4.アシャンティ
5.マラッカ
6.わたしってブスだったの
7.まちgoo
8.ピース
9.鈴木えみ
10.新撰組

i-mobile
★imodeBEST100★
UTB (アップ トゥ ボーイ) 2011年 02月号 [雑誌] なかなかお目にかかれない表情!

ポーズ!

スタイル!

このページだけの為に購入しました。

世の中可愛い子は沢山いますけど、なかなかいませんよキタリエ。

アメブロの画像でハマリました。


オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] ちらっとこ映画の内容を知っている人、この作品は、あなたの予想の通りに進展します。

でもそこから受ける感動や流れる涙の清冽さは、あなたの予想を超えているでしょう。

映画『アマデウス』がモーツァルトの音楽を、クラシックという枠や教科書的なものから解放したように、

この映画はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲にいのちを吹き込みます。


映画の作りは、堅実、丁寧、適確(監督はフランス人。基本はフランス映画で、役者はロシア人。舞台は両方)。

最初はロシアの映画だと思って見ていたので、『ジプシー・キャラバン』やジョニ・デの『耳に残るは君の歌声』に

出演した超絶技巧ロマ・ヴァイオリニストが登場して、役者として演技をしているのを見て、

(あれ?)と思ったが、フランス映画と知って納得。


少しずつ入るクラシック音楽が、徐々に物語を盛り上げていく。

複数はられた伏線が、集結部ですべて収束(意外な裏切りもあり)。

全体はきわめてまじめで映画的だが、

コメディのトーンを最後まで堅持するところが逆に映画的知性を感じさせてくれる。



*以下、内容にふれています。


これは、どのレビューやコメントなどでも触れられていることでしょうが、

音楽映画でよくあるのが、主人公が設定と違って楽器がうまく弾けなくてがっかりということですが、

この映画は、例外的なことに、超美形の主演(助演?)女優のソリストが、みごとにヴァイオリンを弾きまくる。


それだけではなく、自らの血に、演奏の中で目覚めていく。

それを自覚し、切なさと、哀しさと、喜びを刻み込んだ、眉間の皺、うつむきがちの表情。絶品です。


ひとつのメルヘンというか、ファンタジーですが、

メラニー・ロランの名演が、この作品に実体と現実味を与えてくれています。

どこかで聴いたクラシック クラシック・ベスト101 去年のクリスマスに体育会系の小3の息子が何を思ったか突然「クラシックのCDが欲しい」と言いだしました。知らない曲ばかりだとクラシック嫌いになってしまうだろうとあれこれ探していたところこれをみつけました。どんなテレビCMや番組で使われていたか書いてありなるほどどれも耳に残っているわけです。息子は威風堂々・カノン・ジュピターが特に大好きで繰り返し聞き入っています。
☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
girls☆ranking
today:004 yesterday:173
TOTAL:15256